のうがくぶろぐ。

九州大学能楽部の公式ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第13回大学能開催報告

皆様、こんにちは。
麗らかな日和が続いていますね。
皆様いかがお過ごしでいらっしゃいますか?

長らくブログの更新を怠っており、失礼致しました。
ブログは滞ってしまっておりましたが、部員は元気に活動をしています。


今日は昨年12月(…本当に遅くてすみません!)に、無事盛況のうちに終えました、第13回大学能半能「田村」(2012年度九州大学能楽部自演会)についてご報告させて頂きます。

師走のお忙しい中ご来場下さいました皆様、誠にありがとうございました。

今回はいつもより豪華目な写真です!
PicsArt_1357831817006.jpg

ブログでのご報告にあたり、まずいつも熱心にご指導下さいます森本先生をはじめ、多大なお力添えを頂きました諸先生方に改めまして御礼申し上げます。
また、遠方からお手伝いと賛助出演に来て下さった長崎大学能楽部の皆様、いつも温かいご協力をありがとうございます。
私どもの活動は、日々周囲の方々のご支援によって続けられております。
皆様、本当にありがとうございます。

もうすぐ新学期ですが、来年度もまた、部員一同、感謝を忘れずに精進して参りたいと思いますので、引き続き温かいご声援を宜しくお願い申し上げます。


さて、今回の自演会で卒業公演を迎えたのは、4年生の先輩と、ドイツからの留学生の2人でした。
能楽部は、卒業公演で完全に引退というわけではないので、まだ2人とも稽古に参加しているのですが、やはり卒業公演ということで、いつもの発表会よりもなお一層真剣なお二人の表情が、後輩として、また、一緒に活動をしてきた仲間として、色濃く記憶に残っております。
自分がその時を迎えるときに、そんな2人のような表情をできれば良いな、と思います。

もちろん、他の部員も精一杯のベストを尽くしました。
なんとなく、現部員には緊張しいの人が多い気がするのですが、それでも皆、自分の舞を舞った後に「楽しかったねー!」と言っていたので、勝手かもしれませんが良い会だったように感じました。

卒業する部員、これから残って部の中心をなしていく部員。
人数が少なくていつも新歓で必死にぜーぜー言っているような部ですが、それだけに仲が良い部だと思っています。
これからそれぞれ道がわかれていくわけですが、それぞれの場所で、今回の経験を活かしながら頑張っていかなくては、と思います。


…うわー、なんだか時期的な問題かしんみりな内容になってしまいましたね(´∀`;)
これでは卒業生追い出し会の記事書くときに何を書けば良いのでしょう!?笑

と言いつつ、私は残る派なので、部の活動を盛り上げていけるよう、今後も時にはりきって頑張ります!


ありがとうございました。(岡)

以下、自演会と全く関係ない宣伝です↓

話を現在にうつしますと、そろそろ来年度の部の命運をかけた(!)新歓活動が始まります。
今回の卒業生を送りだせば、残る部員は純粋に九大生のみです。
しかしもちろん九大生に限らず、福岡の大学生なら(というよりお稽古に来れればどこの大学生でも!?)どなたでも部員になれます!
年齢・性別・国籍不問です!
少しでもご興味のある方はお気軽にお問い合わせ・ご見学下さいませ♪
お待ちしております!

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://nohgakubu.blog82.fc2.com/tb.php/71-cac45ab1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
id=ecomment