のうがくぶろぐ。

九州大学能楽部の公式ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

由布院合宿

つい先ほど一度書き終えたのですが、不幸にしてすべて消えてしまったので、もう一度書き直します。
いじけて誰かに丸投げしようかとも思いましたが、頑張ることにしました。
パソコンによるいじめには負けないのです。


さて、先日の9月20日(月・祝)~21日(火)は毎年恒例の由布院合宿でした。
昨年までは長崎大学能楽部と交代で行っていたのですが、今年からは合同で行くことになりました。

この時期の由布院はとても涼しいというイメージがあったのですが、この二日間は予想に反してとても蒸暑かったです。
青空に向かって伸びている由布岳は相変わらず大きくて、青々としていました。


合宿一日目は「由布院の夜能」のお手伝いを主にしました。
椅子を並べたり、テントを張ったり、テーブルを運んだり、またその片付けをしたりと大忙しでした。
途中、夜ご飯を食べに行ったのですが、のん気にみんなで行ったのは大失敗でした。
いつ何時、先生から用事を言いつけられるかわからないのですから、最低でも一人は楽屋付近に待機しておくべきでした。
ほんと申し訳なかったです。
深く反省して、今後に生かしたいと思います。

能が始まってからは、部員みんなで鑑賞しました。
空には満月に少し足りない月が懸かっていて、足元からは虫の音が聞こえていました。
至る所に篝火も焚かれていて、池を隔てた向こう側にある舞台はまるで別世界のようでした。

夜はみんなで宴会をしました。
森本先生をはじめ、小鼓方の飯田先生やシテ方の馬野先生もご参加くださいました。
部員同士の交流はもちろんのこと、先生方のありがたいお話も聞けたりして、とても有意義で楽しいひと時を過ごすことができました。

由布院名物の温泉にももちろん入りました。
大変にいいお湯で、一日の疲れもすっかりとれる心地がしました。


二日目は朝から先生にお稽古を付けていただきました。
朝日に輝く緑の中、池に張り出した水上舞台の上で舞のお稽古に励む姿は、とても爽やかで、そのままお茶のCMにも使えそうなほどでした(笑)

お稽古が終ってからはみんなで由布院観光にも行きました。
あまりゆっくりする時間はなかったのですが、それでもみんなとても楽しんだようでした。


あっという間の二日間でしたが、普段とは違う土地に行って、みんなで何かをするというのはやはりいいものです。
今回残念ながら参加できなかった人は、来年はぜひ参加してくださいね。

それでは、私からはこのあたりで。

静 筆









Comment

マローン(生きている方の) says... ""
静先輩更新ありがとうございました!先輩の日記を読むと、合宿ってこんなに楽しかったんだねと再認識致しました。今度ともよろしくお願いします!!
2010.09.26 22:22 | URL | #- [edit]
静 says... ""
生きてる方のって(笑)

合宿お疲れ様でした!!楽しかったね!!すっごく疲れたけど(笑)私としては最後の由布院合宿でもあったので、どことなく感慨深いものがありました。
2010.09.27 21:26 | URL | #- [edit]
タカス says... ""
栗原先輩の命は私が守ります!!笑

合宿楽しかったですね^^
長崎と合同もよかったですね~☆

あと一回くらい先輩たちと旅に行きたいものです(;_;)
2010.09.28 01:12 | URL | #- [edit]
静 says... ""
じゃあ,ウリ坊と子ザルを見に京都に…!笑
2010.09.28 13:24 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://nohgakubu.blog82.fc2.com/tb.php/22-05a933b3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
id=ecomment