のうがくぶろぐ。

九州大学能楽部の公式ブログ

第11回大学能 無事に公演を終了いたしました☆

先日12月18日には、森本能舞台にて第11回大学能「巻絹」が催されました。
当日はお天気にも恵まれて、多くのお客さまに足をお運びいただきました。

集合写真2(ブログ用) 
【集合写真】今回はこのメンバーで頑張りました!!


会では、部員ひとりひとりがこれまでの練習の成果を存分に発揮して、舞台に次々に花を咲かせました。
(舞台写真については後日掲載予定です。お楽しみに!!)

塚本君は能「巻絹」本当におめでとうございました。素晴らしかったです。


楽屋もいつになく大盛り上がりでした!!

楽屋写真1(ブログ用) 
楽屋写真2(ブログ用) 留学生と卒業生を囲んで。みんないい笑顔です。

楽屋写真4(ブログ用) 新入生もよく頑張りました。


宴会も楽しかったね!!いいお話もいっぱい聞けました!!

宴会写真(ブログ用) 
左から、部長の鷹巣さん、森本先生、能を舞った塚本君

森本先生が宴会でお着物だったのには少しびっくりしました。笑
理由を尋ねたところ、「自演会はいつも大切にしているが、今回は特に思い入れの深い会だったから」とのことでした。
本当に今回はいろいろと盛りだくさんの会でしたからね。

お忙しい中、これまで熱心にご指導くださった森本先生には部員一同、心から感謝しています。
本当に、本当にありがとうございました。
また、諸先生方をはじめ、OB・OGのみなさま、長崎の能楽部のみなさま、そして御尽力くださったすべての方々に、この場を借りて、心より御礼申し上げます。本当にありがとうございました。
鷹巣部長も本当にお疲れ様でした!!

これからも能楽部は一生懸命にお稽古に励んで参りますので、どうぞ今後とも温かいご支援をよろしくお願いいたします。


静 筆

会が終わるたびに、能楽部に入って本当に良かったなあって思います。
私にとっては今回が最後の舞台だったわけですが、正直未だに信じられません。笑
大好きな仲間たちと舞台に立てる喜び、自分の練習の成果を見てもらえる誇らしさ、舞台の上でしか味わえない独特の緊張感と昂揚感。そのすべてが大切な、大切な私の宝物です。
みんなこれまで本当にありがとうございました!!

id=ecomment