のうがくぶろぐ。

九州大学能楽部の公式ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第13回九州学生能楽連盟夏季大会 開催報告

こんにちは。
長らくご無沙汰しておりましたうちに(本当にすみません;)、急に冷え込んで参りましたね。
皆さま体調を崩されませぬよう、お身体には十分にお気をつけくださいませね。


さて…

さてさて…


…本当に長い間ご無沙汰しておりまして、大変申し訳ございませんでした;

今更ではございますが、今は昔、7月7日に開催致しました「第13回九州学生能楽連盟夏季大会」を無事盛況のうちに終えましたことを、ご報告させて頂きます。

当日は沢山の方にご来場いただき、本当にありがたい限り、嬉しい限りでございました。ありがとうございました。
このような会を毎年開催することができますのも、いつも熱心にご指導下さいます諸先生方や、皆さまの温かいご支援の賜物でございます。
このような場ではございますが、ここに改めまして、深く御礼申し上げます。

DSCN8254.jpg
↑今年の学連出演メンバー。九大と長大の能楽部員です。中心に写っておいでなのは、我らが師匠・森本先生です。


では肝心の会の内容につきまして。

九大能楽部にとって、毎年夏に開催する学連の夏季大会は、新年度に新入生を迎えて初めて行う大きな発表会でございまして、新入生にとってはもちろんのこと、上級生にとっても、他の発表会にはない、どこか新鮮な心持ちでのぞむ特別な会のひとつです。

DSCN8297.jpg
↑今年の九大能楽部新入生その一。後ろの地謡には9月に帰国してしまった留学生がいます。…王さーん!

4月の新歓シーズンが終わって以降、新入生はひたすら7月の学連まで「鶴亀」の仕舞と謡(ときどき「吉野天人」の謡も)をお稽古し、みっちりと基礎をたたき込みます。
(上級生にとっても、新入生に指導する立場にたつことで、良い復習の機会となります。謡の記号(?)がちゃんと理解できているかどうかの…ある意味確認テスト、の意味合いもあるかもしれませんね:笑)

そして、7月の学連では2カ月間稽古をつづけてきた連吟「鶴亀」(上級生と一緒に)と仕舞「鶴亀」をとうとうお客さまの前で披露するのです。

↓――新入生その二。
DSCN8320.jpg

今年の新入生は出番のあとに「緊張しました~!」と言いつつなんとなく晴々しい顔をしていましたね。
自分たちの納得できる精一杯の仕舞を披露できたのではないでしょうか。

DSCN8461.jpg
↑仕舞「竹生島」。
→仕舞「春日龍神」。
DSCN8477.jpg


上級生については、九大につきましては3年生2人が舞囃子を、他8名が仕舞を披露させて頂きました。


   →仕舞「嵐山」。DSCN8524.jpg

DSCN8532.jpg←仕舞「鞍馬天狗」。

流石に新入生に比べれば少しはより多くの舞台を踏ませていただいているだけあって、少しは緊張の度合いも低く舞台をむかえた…(と思われる)上級生でした。
一説には、自分の仕舞や舞囃子以外の地謡としての出番が多く、緊張する暇がなかったという声も聞かれたり聞かれなかったり…(笑)。
いや、でもこれはすべて自分のためになるので大変ありがたいことなんです!
…が、いずれにしろ
もう少し部員が欲しい今日この頃です(笑)

DSCN8567.jpg
↑舞囃子「巻絹」。

学連では長崎大学能楽部の部員の方々と共同で運営を行うので、他の会では見つけられない様々な発見がございます(謡でも舞でも運営面でも)。
今回気付いたことを今後の会に活かしていくことができてはじめて、今回の会が実を結ぶと思います。
次の大きな発表会は12月15日の自演会なので、部員一丸となって頑張って参りたいと思います!

↓仕舞「殺生石」。
DSCN8672.jpg

最後になりましたが、長崎大学能楽部の皆さま、ありがとうございました。
今後とも宜しくお願い致します。


以上でした。
番外編で、当日の楽屋の様子を何枚か追記にあげております。宜しければそちらもどうぞ。

スポンサーサイト

長崎合宿

こんにちは。
近頃は五月晴れが多くて昼間心地よいですね。つい授業中も眠くなってしまいます…

先程せっかく記事を書き終えたのに、何故か全て消えてしまうという事故に見舞われました…
以下頑張って再現した記事です。PCには負けません(笑)



さて今日は5月19・20日に長崎で行いました長崎合宿について書かせて頂きます。
この合宿は毎年恒例で、私どもと同じ師匠の下でお稽古をつけて頂いている長崎大学能楽部さんと合同で、毎年この時期に行っております。

今年の福岡からの参加者は、野、岩、大、須、玉、倉、橋、兼、岡の9人(内2人が新入生です!)。
長崎・福岡双方から新旧(?)の顔ぶれが揃って、とても賑やかな合宿となりました。

19日・初日。
今年は福岡の都合で夜からの合宿となり、初日はお稽古はなく、長崎・福岡合同新歓の宴会だけの日程となりました。
毎年のことながら、大学の垣根を越えて、大変…かなり…盛り上がりましたね。
普段は見られない双方の部員の色々な予想外想定外な一面を見た気が致します(笑)まあ、それが醍醐味なのですが。
本当は写真を掲載したかったのですが、かなり凄惨な状況…楽しすぎて撮影するのを忘れておりました。申し訳ございません。

2日目・20日は、大変ありがたいことに、朝から1日かけて、全員先生にお稽古をつけていただきました。
ただ今長崎・福岡双方の部員は、これまた合同で7月7日(土)に福岡の森本能舞台で開催致します「第十三回九州学生能楽連盟夏季大会」(詳しくは別途特設の記事をご覧ください!)へ向けてお稽古中で、合宿でも各々が自分の演目に取り組みました。
双方の部員の中には演目が重なっている部員もいるのですが(とりわけ新入生は全員「鶴亀」なので)、お稽古をつけていただいていない自主練の時間は双方で教えあったり、一緒に謡ったりして、前日の宴会とはまた違った形で交流することができました。またそれと同時に、互いに良い刺激を受けたのではないかと思います。

↓2日目、自主練での1コマ。さてこれは何の仕舞のどの部分でしょうか?!(笑)
長崎合宿2012

後日、参加した新入生に合宿の感想をきいたところ、「とても楽しくて勉強になった。自分のできていないところがわかった。」と話していたので、充実した合宿になったのではないでしょうか。
新入生も自分の課題をちゃんと見つけられていて、頼もしい限りですね。

学連発表会まであと1カ月と少し。今回の合宿で気づいたことや得た刺激を大切にしながら、部員一同またお稽古に励んで参りたいと思います!

最後になりましたが、合宿にあたって、様々な手配を一手に引き受けて下さった長崎大学能楽部の皆さま、大変お世話になりました。いつもありがとうございます。
お互いまた頑張って参りましょう!

でした。

花見

4月8日、舞鶴公園にて能楽部のお花見がございました。
毎年誰かしら用事等で欠席なのですが、今回は部の創設から初めて、お花見に現役部員が全員参加!

例年の如く一人一品手料理の持ち寄りで、生協で購入した九州大吟醸を飲みつつお料理とお花を堪能致しました。

開始時のメンバー。
DSCN8016.jpg

開始の一時間前に公園に入りましたがどこも人がいっぱいでなかなかいい場所が無く苦労しました。
結局本丸跡の芝生にぽっかり空いていたスペースを陣取り、陽射しを遮る影も無い日向でお花見を始めました。

DSCN8020.jpg

遅れて参加した人たちも合流。
皆さんお忙しいなかありがとうございました!
DSCN8033.jpg

視界には桜の薄紅色が目に入り、風が吹けばはらはらと花びらが届くぐらいには花に近い場所で、どうにかお花見の体裁は整ったのではないでしょうか。
三月中旬の予想に反して、開花が一週間早まってしまったのはちょっと残念ですが、盛りを過ぎたとは言え十分にきれいなお花でした。
DSCN8042.jpg



酒蔵イベント

随分と更新が途絶えておりましたが皆様いかがお過ごしでしょうか。
twitterでちょこちょこと先輩が呟いてくださっていましたように、能楽部は活動を続けておりました。今回はそんな活動の一端をご報告します。

2月19日、20日、26日の三日間、能楽部は伊都にある杉能舎さんにてございました蔵開きのイベントにお招き頂き、出演してまいりました。

19日、20日は雪が降り積もる中での発表となりましたが、利き酒コーナーや牡蠣小屋もあり、部員も楽しみつつ出演を終えました。

杉能舎雪

能楽部の前に出演なさっていたタップダンスサークルさん。
杉能舎タップ
イベントスペースとして開放された酒蔵は落ち着いた照明とゆったり配置された席とで、お洒落空間でした。


出番待ちの部員達。ストーブもございましたが流石の寒波に酒蔵は息も白くなるほどの寒さでした。自演会等の屋内イベントでは時にはむしろ暑く感じられる紋付き袴もこの時ばかりは寒かったです。
杉能舎出演前

ちなみに19日は舞囃子・高砂、胡蝶、天鼓を披露致しました。20日は舞囃子・敦盛、羽衣、玉之段。25日は舞囃子・高砂、清経、竹生島でした。

第四十八回宗像市謡曲大会

ここ数日でぐっと冷え込み、秋も深まってまいりました。
さてそんな秋晴れの先週末の10月7日日曜日、宗像ユリックスにて宗像市謡曲大会が開催されました。例年は福岡教育大能楽部が出演させて頂いていたのですが、今年は九大の能楽部もお招きいただき仕舞を十一番披露させていただくこととなりました。
参加者は芝鷹三花西野岡須大岩倉の11人。


当日は9時に宗像ユリックスに集合ということで、多くの部員が7時半に天神バスセンターを発ちました。思いの外宗像は遠かったのですが、当日はお天気も良く行楽日和でして遠出も楽しめたのではないでしょうか。最寄りのバス停である王丸からユリックスは徒歩十五分ほどなのですが、道すがら女郎蜘蛛が何匹も巣を張っていたのが印象的でした。

宗像ユリックスに到着したら早速会場設営のお手伝いに走り、その後は着替えて十時の開会を待ちました。

宗像謡曲会 女子集合
  開会前の女子部員



素謡のための見台出し、緋毛氈敷きが部員の主なお仕事でしたので時間にも余裕があり、演目の前後以外は素謡や独吟、仕舞を鑑賞させていただくことができて良い勉強になりました。

宗像謡曲会


宗像謡曲会 玉之段
  仕舞・玉之段

上級生は概ね十二月の自演会に関係した演目でしたが、今回の会でまだまだ練習が足りないことを実感いたしましたので、十二月の会に向けてますます練習に励んでゆきたいと思います。
新入生は新しい仕舞の練習に入りますが、こちらも同様に頑張っていきます。


最後になってしまいましたが、貴重な会にお招き下さいました宗像市謡曲協会の方々に御礼申し上げます。


(三)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
id=ecomment